産み分け 神社

全国の産み分けに関する神社・お寺を紹介!中山寺で願掛けしてきました。

 

全国の神社やお寺には安産祈願以外に女の子を授かれるなどの産み分けに関する言い伝えがあるのをご存知でしょうか?

 

パワースポット的な存在でもある神社やお寺で祈願することで産み分け効果があるのなら試してみたいものですよね。

 

今回は、全国の神社やお寺で産み分けとの関連性が高いところを9ヶ所挙げてみました。その内の1ヶ所は私が願掛けをしてきたのでそのことについても記述していきますね。

 

 

【9選】産み分けとの関連性が高い神社やお寺とは!

 

篠葉沢稲荷神社(福島県)

 

 

出典元:篠葉沢稲荷神社公式HP


 

安産祈願をすると、紅白どちらかの『御神枕』をいただけます。
白だと男の子、赤だと女の子を授かれるといわれています。紅白のどちらかを選ぶこともできるみたいなので希望の性別の色をを選びましょう。

 

『御神枕』を出産までに使用すると安産となるともいわれており、無事に授かることができれば、枕を二つにして返すそうです。

 

住所

福島県福島市立子山字目細内110

電話番号

024-597-2117

 

高道祖神社(茨城県)

 

出典元:下妻市観光協会

 

高道祖神社で開催される【高道祖神祭】には男性、女性の性器型をしたお餅が売られています。希望の性別のお餅を食べて願掛けすると、希望の性別が授かれるといわれています。

 

500円〜10,000円といろいろな大きさのお餅が売られているそうですよ。

住所

茨城県下妻市高道祖4480番地

電話番号

0296-43-2111

 

田縣神社(愛知県)

 

出典元:田縣神社公式HP

 

田縣神社は子宝や安産の神様としても有名で、多数の男性シンボルが奉納されています。田縣神社で参拝すると男の子を授かりやすくなるそうです。毎年3月に男性器をモチーフにした豊年祭がおこなわれています。

 

住所

愛知県小牧市田県町152

電話番号

0568-76-2906

 

大縣神社(愛知県)

 

出典元:犬山市観光協会

 

田縣神社は男の子で、大縣神社は女の子を授かりたいときに参拝するといいといわれています。こちらは女性器をモチーフにした【豊年祭】がおこなわれています。

住所

愛知県犬山市字宮山3番地

電話番号

0568-67-1017

 

子安観音寺(三重県)

 

出典元:三重県観光連盟公式サイト

子安観音寺の桜には大変不思議な桜があります。【不断桜】といって四季を通じて葉が絶えることがなく、花が咲き続けるそうです。安産祈願でいただける御守りの中には不断桜の葉が入っています。封を開けたとき、裏向きなら男の子、表向きなら女の子を授かれるといわれています。

 

不断桜は国の天然記念物に指定されているそうです。どんな桜なのか個人的に気になります。(*´▽`*)

 

住所

三重県鈴鹿市寺家3-2-12

電話番号

059-386-0046

 

わら天神(京都府)

 

 

出典元:わら天神宮公式HP

 

安産祈願でいただける御守りの中には【藁(わら)】が入っています。その藁に節があると男の子、節がないと女の子を授かれるそうです。

 

住所

京都府京都市北区衣笠天神森町10番地

電話番号

075-461-7676

 

中山寺(兵庫県)

 

 

安産祈願のときにいただく腹帯に『男』と書かれていると女の子、『女』と書かれていると男の子を授かれるといわれています。

 

私は実際にどんなんところか気になったので行ってきました。
中山寺はどんな所?願掛けしてきました。

 

住所

兵庫県宝塚市中山寺2丁目11−1

電話番号

0797-87-0024

 

黒島神宮(愛媛県)

 

出典元:Wikipedia

 

安産祈願でいただける御守りの中に折り紙が入っています。折り紙が『カブト』なら男の子、『船』なら女の子を授かれるといわれています。

 

住所

愛媛県新居浜市黒島107

電話番号

0897-45-0453

 

 

乙姫子安河原観音(熊本県)

 

 

出典元:乙姫子安河原観音公式HP

 

管理人がおられないようなので方法について記述しますね。

1.記帳簿に願い事を記帳。

 

2.絵馬に願い事を書く。

 

3.男の子を授かりたい方は『白いお守り』を。女の子を授かりたい方は『赤いお守り』を。※絵馬、お守りの料金はお賽銭箱へ

 

4.ご神体周りの小石を拾って持ち帰って股にはさむと願いが叶うといわれています。男の子を授かりたい方は『黒い石』を。女の子を授かりたい方は『赤い石』を。

 

5.願いが叶うと石はお礼参り際に返しましょう。

 

住所

熊本県阿蘇市乙姫2120

電話番号

なし

 

以上が全国的に有名な産み分けに関する神社、お寺でした。

 

では私が祈願してきた中山寺についてですね。

 

 

私の住んでいる兵庫県にある【中山寺】に行ってきました。

 

同じ県内と言っても車で1時間以上はかかりますが、、ドライブがてらに(*´▽`*)

 

中山寺

 

中山寺は子授祈願、安産祈願で有名なようです。戌の日はものすごく混雑するようで、駐車料金が600円2,000円と高くなるみたいですよ!!(´゚д゚`)
中山寺は思っていた以上に立派なお寺でしたね。

 

 

 

上まで行くとこんな感じでした。

 

 

願掛けついでに記念撮影!!(笑)

 

安産祈願には【特別版】があるようです。

 

 

立派なお札がディスプレイされており、料金も2万円と少しお高めですね。

 

特別祈願ではなくても7,000円で安産祈願をしてもらえます。腹帯、お守り、お札を授かるようですよ。腹帯に『平成〇年生まれ男(あるいは女)』と書かれており、その腹帯に書かれている性別と逆の性別が授かれるようです。

 

他にも子授けお守り(500円)や子授け願布(500円)というものがありました。
子授け願布は、よだれ掛けに願いを書くものです。わたしは安産祈願することに(´▽`*)

 

 

『無事に元気な女の子が生まれますように』と願掛けしてきました。

 

私が行った中山寺はこんな感じでした。全国には多くの産み分けに関する神社やお寺があります。近くにあるようでしたら行ってみるのもいいかもしれませんね。(^^♪

 

私は産み分けゼリーで希望の女の子を授かることができましたが、他にも迷信で産み分けなどもあるので参考にしてくださいね。