産み分け 成功

産み分けに成功したい!おすすめの方法を簡単にまとめてみた♪

産み分けに成功したい!おすすめの方法を簡単にまとめてみた♪

 

男の子や女の子が欲しい!!と、産み分けしたい気持ちが高くなっても、どの方法がいいのかわからないし、そもそも、どんなやり方があるのかすらわからない方もおられるかもしれません。

 

でも共通して言えることは、

 

とにかく産み分けに成功したい!!

 

と、最終的に行き着くところはココなんじゃないでしょうか。(*´▽`*)

 

このサイトでは、いろんな産み分けをする方法について調べていますが、やっぱり産み分けに成功するのに一番いい方法は産み分けゼリーを使う方法だと思います。

 

例えば、お金をかけずに簡単に産み分けをするのなら・・・

と、簡単にできる方法もあったりします。

 

ただ、出費は抑えれますが確実に成功率が高まるかというと、正直微妙なところ。

 

かといって、病院で産み分けしても成功率が格段に上がるというわけでもなく、自分達で産み分けするのとそこまで変わらない感じです。

 

で、私が最終的に行き着いたのが、男の子、女の子が授かりやすい日を狙って産み分けゼリーを一番効果的に使う方法です。

 

産み分けに成功するならコレ!私がおすすめする産み分け方法

 

私がおすすめする産み分け方法

 

産み分けゼリーを使うといっても普通に使うより工夫して使った方が効果的だと思います。

 

長々と書いてもあれなんで、簡単にまとめてみました。

 

男の子を産み分け 女の子を産み分け
性交時期 排卵日当日と前日 排卵日2日前と3日前
性交の仕方 濃厚な性交 あっさり性交
フィニッシュの位置 できるだけ奥に できるだけ浅く
精子の量 溜めても5日間 2〜3日に1回は射精
禁欲 性交時期まで 性交時期後

 

性交時期

男の子を授かる場合は排卵日当日がいいと言われていますが、排卵後は妊娠しにくいとも言われているので、排卵日の前日にも性交したほうが妊娠する確率が高まるんじゃないかと思います。

 

女の子の場合は、もっとも妊娠しやすい時期と言われている排卵日の2日前と3日前を狙うのがベスト。

 

性交の仕方・フィニッシュの位置

性交の仕方やフィニッシュの位置は酸性やアルカリ性を意識した方法です。

 

精子には、男の子になる精子と女の子になる精子があって、膣をアルカリ性にすれば男の子、酸性にすれば女の子が授かりやすくなるんですよ。

 

濃厚に性交すればアルカリ性の分泌液が出て男の子が授かりやすくなり、あっさりと浅くすれば女の子が授かりやすくなります。もともと膣は酸性ですからね。

 

精子の量

精子の量は溜めることで男の子になる精子の量が増えると言われています。逆に頻繁に射精すると男の子になる精子が少なくなるので女の子の産み分けに適しているんですよ。

 

禁欲

禁欲に関しては、男の子を産み分けする場合は、性交時期まで行為はしないこと、逆に女の子の場合は性交後は排卵が終わるまでしないことですね。

 

こんな感じで男の子、女の子を授かりやすい状態にしてから産み分けゼリーを使うと産み分けに成功する確率がグッと高まるんじゃないかと(*´▽`*)

 

このやり方で産み分けするのが、一番成功する方法だと私は思うので、もしあなたが産み分けにチャレンジしようと思っているのなら参考にしていただけたら嬉しいです。

 

産み分けゼリーについても、どれがいいのかしっかり調査しているので産み分けゼリーを徹底比較も参考にしていただければ幸いです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。