ピンクゼリー 確率 成功率

ピンクゼリーで成功する確率は!?何回目で妊娠出来た?気になる口コミまとめ

 

ピンクゼリーで成功する確率は!何回目で妊娠出来た?

 

ピンクゼリーで産み分けが成功する確率もそうですが妊娠率も気になるところではないでしょうか?

 

ピンクゼリーといっても病院で処方されているPinkjellyや私が産み分けに成功したジュンビーピンクゼリーやベイビーサポート、ハローベビーなど何種類もの産み分けゼリーがあります。

 

今回は、各社の成功率や何回目で妊娠したのかなど気になる口コミをまとめてみました。

 

まずは各社産み分けゼリーの成功率からみていきましょう。

 

 

産み分けゼリーの成功率は?

 

産み分け成功率

調査所

Pinkjelly

男の子約73%

女の子約74%

公式HP

ジュンビーピンクゼリー

約80%

問合せ

ベイビーサポート

男の子約81.2%

女の子約78.4%

問合せ

ハローベビー

約78%

公式HP

 

病院で処方されているPinkjelly

 

 

公式HPに過去20年間の杉山産婦人科での5,000人以上を対象にした調査で成功率は男の子が約73%女の子が約74%と載っていました。ただこれは、タイミング法など病院で指導してもらった結果だそうです。

 

 

ジュンビー株式会社のピンクゼリー

 

 

ジュンビーピンクゼリーは公式HPには載っていなかったので直接電話で聞いてみました産み分けに成功できる確率は約80%でした。

 

 

株式会社 coussinetのベイビーサポート

 

 

ベイビーサポートも公式HPに載っていなかったのでメールで問い合わせてみました。

 

 

男の子が約81.2%、女の子が約78.4%です。男の子の方が若干成功率は高めのようですね。

 

 

シンゲンメディカル株式会社のハローベビー

 

 

ハローベビーは利用者50組のアンケートで成功率は約78%と公式HPに載っていました。

 

産み分けゼリーで産み分けできる確率はどこの会社も大体約70〜80%ぐらいですね。産み分けゼリーを使ったからといって100%の確率で産み分け成功するわけではありません。必ず希望の性別になるとは限らないことを理解しておかないといけませんね。

 

成功率が分かったところで気になるのは産み分けゼリーの妊娠率ですよね。
何回ぐらいの使用で妊娠できたのか口コミを調べてきました。

 

産み分けゼリーを使用した期間は?気になる口コミ

 

使用した期間についての口コミ

 

 

 

産み分けゼリーを使ったのは初めてでしたが、日本製、天然成分だったので安心して使えました。半年ほどかかりましたが無事妊娠できました。希望の女の子だったので幸せです。


 

 

次は女の子が欲しいと思ってピンクゼリーを使ってみました。一人目も妊娠するのに時間がかかったので長い目でゼリーを使用していますが、まだ妊娠できておらず、1年以上かかっています。


 

 

産み分けするために産婦人科に通いました。ピンクゼリーを使ってみたら一回で妊娠!
まだ三ヶ月なので性別はわからない状態です。先生に『まずはピンクゼリーを使う練習からだね。』と言われてたから先生も驚いていました。


 

 

女の子希望で4回ほど使用してまだ妊娠していません。気になって調べると、産み分けゼリーが妊娠しにくいわけではなく、排卵日2日前を狙うから妊娠しににくいだけのようです。少しホッとしました。気長に続けてみます。


 

 

友達に勧められて産み分けゼリーを購入しました。少し不安な面もありましたが8本ほど使ったところで妊娠しました。
今から女の子を心まちにしています。


 

 

 

1回で授かることができるのは本当に稀で、大体半年〜1年程度はかかっている印象でした。(;´Д`)
タイミング法と併用している方が多いように感じましたね。中には単品購入して使い切ってしまい諦めたという方も、、、
妊娠して産み分けを成功している方や希望通りいかなかったという方もおられました。

 

やはり人によって、いつ授かることができるかはバラバラな印象ですね。

 

産み分けゼリーは精子にとって活動しやすい環境に調整していますが、妊娠率に関しては産み分けの成功率のように上がるわけではないので期待しないほうがいいのかもしれませんね。

 

ただ、産み分けゼリーを使わず妊活した場合でも、1年以内で妊娠できる確率は20代で約80%、30〜35歳だと約60%と年齢によっても変化します。なので、人によって妊娠する確率がバラバラなのは仕方ないのかもしれません。

 

ちなみに女の子を妊娠するには排卵日2日前、男の子の場合は排卵日当日に性交すると産み分けに成功しやすいといわれています。

 

ただ、口コミでもありましたが排卵日2日前は妊娠しにくい時期と思われている方が多いみたいです。私も3人目を産み分けしたときは妊娠しにくい時期だと思っていましたが、どうも違うみたいですよ。

 

排卵日2日前は実は妊娠しやすい!?妊娠率と成功率を上げるには?

 

 

実は妊娠しやすい時期は排卵日3日前〜2日前が一番妊娠しやすく、排卵後が一番妊娠しにくい時期とも言われているんです。Σ(・ω・ノ)ノ!2日前から前日がいいという方もいます。

 

共通して言えることは排卵後は妊娠しにくいことです。なんでも排卵後は子宮口が閉じてしまい精子を受け入れなくなってしまうからみたいですよ。

 

なので、私的には女の子を妊娠するには排卵日3日前と2日前に性交。男の子の場合も排卵日の前日と当日の2日連続の行為が妊娠しやすく、産み分けの成功率を上げるベストタイミングなんじゃないかと。(*´ω`*)排卵日当日といっても排卵後に性交している可能性が高いですからね。

 

産み分けゼリーの妊娠率についてジュンビーピンクゼリーとベイビーサポートに問い合わせてみました。

 

妊娠率はどうなの?ジュンビーピンクゼリー、ベイビーサポートの回答

 

 

ジュンビーピンクゼリー

 

 

 

電話で問い合わせたのですが『妊娠率についてはお答えすることはできかねます。』との回答でした。ただ、妊娠しないとかはないそうです。現に私が妊娠していますからね。( `ー´)ノ

 

ベイビーサポート

 

 

 

こちらもジュンビーピンクゼリーと同じような回答ですね。『3本程度で妊娠した』との報告もあるようですね。この辺りは個人差がでるので仕方ないのかも知れませんね。

 

あと、産み分けゼリーの安全性についても調べてみました。

 

各社、産み分けゼリーの公式HPや公表されている成分を一つ一つ調べたところ、産み分けゼリーに配合されている成分は胎児に障害が出る、副作用が起こるなどの可能性もなく安全性が高い成分が使われていました。積極的に体内にある成分と同じ成分を使っている感じでした。

 

関連記事:産み分けゼリーに含まれる危険な成分は?安全性を徹底調査

 

ここまでが参考書などで調べたことです。
ここからは実際に私たちが産み分けゼリーを使った回数などを報告します。私の周りで産み分けゼリーを使ったことのある人は私を含めて3人です。

 

私たち3人は何回目で妊娠??

私がジュンビーピンクゼリー、友人のマユミはベイビーサポート、同じサークルの知人がPinkjellyを使用していました。

使用回数

結果

ジュンビーピンクゼリー

(管理人)

2本使用

2周期目で妊娠

ベイビーサポート

(マユミ)

8本使用

3周期目で妊娠

Pinkjelly

(知人)

10回分使用

妊娠ならず

 

3年ほど前の話だそうですが、知人は産婦人科で1年近く産み分けをトライしたけどダメだったそうで、産み分けを諦めてなんとか授かることはできたそうです。
知人『年齢的にも厳しかったのかな〜』といってましたね。当時で35歳だったそうです。今では元気な3男児とワイワイしてますね!!

 

友人マユミはベイビーサポートでタイミング法を気にせずに好きな時に使うというスタイルだったそうです。

 

マユミ『産み分けゼリー自体、タイミング法と併用しなくても大丈夫みたいだから好きな時に使ってたよ〜それにまとめ買いしていたから少しぐらい減っても気にならない』といってましたね。( ゚Д゚)結果は3周期目で妊娠の8本使用でしたね。

 

私はというと、どうしても3人目は女の子が欲しくてジュンビーピンクゼリーを使いました。タイミング法と併用して使ってなんと2周期目(2本)で授かることができました。しかも希望の女の子なので、本当に嬉しい限りです。( *´艸`)

 

妊娠に関しては人によってバラバラな印象ですが、私やマユミみたいにすぐに授かることができる場合もあります。

 

試してみないとわからない部分ですが、産み分けの成功率は、しっかり上げてくれるんじゃないかと私は思いますね♪

 

産み分けゼリーには、それぞれ特徴があります。あなたに合った産み分けゼリーが見つかると思うので産み分けゼリー比較ランキングも参考にしてくださいね。